秋の夜長に

こんにちは、フロントスタッフの矢澤です。


日に日に寒さが増し、日が暮れるのも早くなりましたね。

冬がそこまで迫ってきているようです。



秋と言えば、「スポーツの秋」!そして「読書の秋」!ということで

私事で恐縮ですが絵本の話をさせていただきます。


長男が生後半年の頃、絵本を読み聞かせたいと思い、本屋さんに行ったのですが

何を買えばいいのか分からず…

悩んだ結果、たまたま郵便局で見つけたチラシの「絵本の毎月帆布」に申込みしました。

(今でいうサブスク?)

月齢に合わせてプロが選んでくれる絵本、という事だったのですが、

確かに自分では手にさえ取らないような絵本が送られてきましたw

でも、さすがです、子供がハマる!

松谷みよ子さんの「いないいないばあ」なんて、何回テープで直したことでしょう。


年齢が上がるにつれ、「読んで~」と持ってくる本の字数が多くなり…

「おしいれのぼうけん」や「よるくま」「からすのパン屋さん」は、持ってくるたび

心の中で「まだ洗い物終わってないのに(泣)」と思いながら、

ひきつった笑顔で本を読んでいましたw

(この経験は多くの方に共感していただけるのでは?!)


子供が本好きになったかどうかはわかりませんがw 

シンプルに親子の時間として、とてもいい思い出になりました。

なので絵本は1冊も捨てられず残してあります。

また次の代に繋がるといいなと思いながら。

​スタッフブログ

staff blog